県立越谷東高等学校の学校情報

昭和57年創立。平成23年に創立30周年を迎えた。校訓は「健康・向学・協働」。

学校所在地
埼玉県越谷市増林5670-1
最寄り駅
JR武蔵野線南越谷駅、東武線越谷駅 バス約15分(東中学校前下車徒歩3分)
電話番号
048-966-8566
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「か」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 武蔵野線 / 東武伊勢崎線 / 越谷市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

1年次は、全員が共通の科目を学び、基礎学力を育成する。また、全員が漢字検定を受検する。

2年次は、芸術・服飾文化・古典Bを履修するA類と数学B・物理基礎を履修するB類に分かれる。

3年次は、文系と理系に分かれる。文系にはA(器楽、クラフトデザインなど)・B(数学探究、英語会話など)2枠分の選択科目が、理系にはC(数学Ⅲ、日本の文化)・D(数学Ⅲ、数学探究など)・E(物理、生物)3枠分の選択科目が設置され、各自の希望する進路に応じた学習が可能となっている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

総合的な学習の時間にはすべて進路指導のカリキュラムを組み、1〜3年生まで段階を追って、進路実現へのきめ細かい指導が行われている。

1年次には、各種適性検査や職業インタビューが行われる。
2年次には、大学・短大・企業の見学会が行われる。
3年次には、各種の補習が本格化し、受験や就職に向けた応用力の養成が行われる。

大学進学希望者や看護医療系専門学校進学希望者を対象とした進路補習を全学年で実施。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生260名>
大学91名、短大20名、専門学校94名、就職36名、その他19名

★卒業生の主な合格実績
神田外語大、工学院大、大東文化大、中央学院大、帝京大、東京家政大、東京工科大、東京電機大、東京薬科大、獨協大、日本大、日本体育大、文教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
駒澤大(1)、城西大(1)、大東文化大(5)、東京電機大(1)、東洋大(1)、獨協大(2)、日本大(1)、文教大(44) 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年次は全員参加。

JRCインターアクト部は平成25年に越谷市竜巻被害者のための募金活動を実施し、その活動ぶりが新聞にも取り上げられた。カヌー部は毎年インターハイに出場している。

平成30年度は、カヌー部が国体、インターハイに出場、弓道部が関東大会に出場、軽音楽部が関東大会に出場した。
平成29年度は、カヌー部(WK-1・WK-2・WK-4)と弓道部(男子個人)がインターハイに出場した。吹奏楽部が県吹奏楽コンクールCの部優良賞を受賞した。

設置部
陸上競技、野球、サッカー、硬式テニス、ソフトテニス、弓道、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、体操、卓球、剣道、カヌー、吹奏楽、美術、書道、家庭調理、理科、華道、茶道、放送、合唱、演劇、軽音楽、JRCインターアクト、ESS、漫画研究

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

5月 体育祭
6月 遠足
7月 芸術鑑賞会
9月 若菜祭(文化祭)
11月 マラソン大会、修学旅行(2年)
12月 球技大会、文化部合同フェスタ
2月 三年生を送る会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・10・11・1月各1回
★若菜祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和57年創立。平成23年に創立30周年を迎えた。

校訓は「健康・向学・協働」。

平成23年度入学生から制服が新しくなった。また、校舎が大規模改修されるとともに、エアコンも各教室に完備され、学習環境が格段に向上した。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立越谷東高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立越谷東高等学校公式サイトはこちら