県立蕨高等学校の学校情報

「文武両道の進学校」を目指し、学力向上と充実した学校生活を通じた人間的成長を図る

学校所在地
埼玉県蕨市北町5-3-8
最寄り駅
JR京浜東北線蕨駅 徒歩20分またはバス、JR南浦和駅 徒歩25分またはバス
電話番号
048-443-2473
関連カテゴリ
★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「わ」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / その他 / 京浜東北線 / 武蔵野線 / 蕨市 / 英語科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制
65分授業を実施。

★普通科
1、2年次は基礎学力養成のため共通科目を履修する。3年次は文系・理系に分かれ、進路実現に必要な科目を選択履修する。

★外国語科
英語に関連する科目が多く、2年次から第二外国語(フランス語・ドイツ語・中国語のいずれか)を選択できる。国際理解教育推進の一環で、海外研修やイングリッシュ・キャンプ等、国際交流のある行事を数多く実施。各種の英語検定試験の指導も熱心。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

総合的な学習の時間で小論文対策や大学研究、職業研究を行う(キャリア・プラン)。
夏季休業期間には補講を実施。基礎的な内容から演習中心の内容まで多様な講座が開かれる。

卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生402名>
大学342名、短大1名、専門学校4名、就職1名、その他54名

卒業生の主な合格実績
北海道大、新潟大、茨城大、お茶の水女子大、群馬大、埼玉大、千葉大、筑波大、東京外国語大、東京学芸大、東京農工大、横浜国立大、鹿児島大、防衛大学校、国立看護大学校、埼玉県立大、首都大学東京、高崎経済大、千葉県立保健医療大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年次は全員参加制。その後も9割以上が参加。

平成30年度は、陸上競技部が全国高校選抜大会出場、インターハイ出場、相撲部が関東大会(団体、個人、4階級)出場した。

平成29年度は、陸上競技部が全国高校選抜大会出場・関東選抜新人大会出場・U18日本陸上競技選手権出場、相撲部が関東大会(団体、個人4階級)出場、柔道部が県2位(総体予選個人)などの成績を収めた。

設置部(※は同好会)
陸上競技、柔道、剣道、野球、バレーボール(男女)、バスケットボール(男女)、サッカー、卓球、ソフトテニス(男女)、登山、体操、相撲、水泳、硬式テニス、卓球、ダンス、バドミントン(男女)、吹奏楽、音楽、化学、美術、演劇、料理、書道、茶道、生物、地学、バトン、英語、華道、パソコン、漫画研究、※軽音楽、※写真

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

臨海学校は千葉県岩井海岸で行われる伝統行事で、1年生は全員参加。最終日の集団泳がメイン。

国内外専門家による蕨高特別セミナーを実施。第一線の研究者のレクチャーを受けることが可能。

4月 新入生歓迎会
5月 運動会
7月 臨海学校(1年)、芸術鑑賞会
8月 海外研修(オーストラリアにて2週間のホームステイ)
9月 蕨高祭(文化祭)、球技大会
11月 強歩大会
12月 球技大会(3年)、修学旅行(2年)
3月 球技大会(1・2年)、イングリッシュキャンプ(外国語科1年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 8・10・11月各1回
★学校公開 5・6・10月各1回
★部活動公開 6・10・11月各1回、8月2回
★蕨高祭 9月 見学可
★学校見学は中学校・PTAなどの団体は可(要連絡)。海外・県外からの場合は相談を。

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

「文武両道の進学校」を目指し、学力向上と充実した学校生活を通じた人間的成長を図っている。特に、国や県の指定事業の成果を生かした本校独自の英語教育法「SMILE PLAN」で、「読む」「聞く」「伝える」生徒の実践的英語コミュニケーション能力を徹底的に伸ばしている。

各界の第一線で活躍する講師を招き、生徒の知的好奇心を刺激し進路意識を高める「蕨高特別セミナー」の実施や、総合的な学習の時間を活用した本校独自の「キャリア・プラン」で、高い志と自らの進路を切り開く自立・自律の精神を育てている。

市内の小学校との交流活動にも力を入れている。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立蕨高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立蕨高等学校公式サイトはこちら