県立羽生第一高等学校の学校情報

「 求めて強き風に立つ」の校訓のもと、地域に根ざした進学校として生徒の進路希望を実現させている

学校所在地
埼玉県羽生市大字下岩瀬153
最寄り駅
東武線・秩父鉄道羽生駅 徒歩15分またはバス
電話番号
048-561-6511
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「は」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 東武伊勢崎線 / 秩父鉄道 / 羽生市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

特進クラスを設置。国公立大や難関私立大の合格をめざして、早朝補習や夏季・冬季休業中の進学補習、勉強合宿などを行っている。特進クラスは希望者の中から入試成績上位者40名程度で編成し、進級時に入れ替えもある。

1年次は、特進クラスおよび総合進学クラス(通常のクラス)とも、芸術を除いて全員が共通の科目を履修し、基礎学力を固める。

2・3年次は、特進クラス、総合進学クラスともに文系、理系に分かれる。文系は国・英の授業が増え、理系は理・数の授業が増える。3年次には多数の選択科目が用意されるため、入試に必要な科目を確実に履修できる。なお、特進クラス文系では、国公立大対策のために2年次は数学Bが必修となり、3年次には数学・理科も学習する。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

「 行ける大学、入れる大学ではなく、行きたい大学、入りたい大学へ」をモットーとした進路指導。

外部講師による講演、大学生との対話、読むこと(朝読書、NIE)を通して視野を広げ、自分で考え、進路実現を果たさせている。

県教育委員会と連携し、協調学習(アクティブ・ラーニングの一つ)を導入し、授業を行っている。変化する大学入試に対応する学力を身につけさせている。

ネット講座を利用した補習を実施。

進路面談週間を設けている。

★卒業生の進路状況<卒業生227名>
大学134名、短大16名、専門学校60名、就職1名、その他16名

★卒業生の主な合格実績
群馬大、宇都宮大、埼玉県立大、専修大、東京家政大、東洋大、獨協大、日本大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
大妻女子大、淑徳大、城西大、女子栄養大、専修大、大正大、大東文化大、東京国際大、東京電機大、東洋大、獨協大、立正大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年次は全員参加制。

平成30年度は、陸上競技部が棒高跳びでインターハイに出場した。

平成29年度には、陸上競技部が棒高跳びでインターハイに出場した。

設置部
硬式野球、バスケットボール(男女)、サッカー、バレーボール(女)、ソフトテニス(男女)、剣道、ハンドボール(男女)、陸上競技、弓道、空手道、バドミントン(男女)、卓球、硬式テニス(男女)、美術工芸、囲碁・将棋、茶道、華道、放送、コーラス、家庭、文芸、写真、化学、JRC、英語、吹奏楽、書道、情報科学、漫画

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

弁論大会、百人一首大会などは本校ならではの行事。吹奏楽部のチャリティーコンサート、茶道部の初釜、特進クラスの勉強合宿などにも特色がある。

6月 体育祭
7月 スポーツ大会
9月 一高祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年)
11月 ロードレース大会、弁論大会
12月 芸術鑑賞会
1月 初釜
3月 百人一首大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会  8・10・11・12・1月各1回
★イブニング入試相談会 2月2回
★一高祭  9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

羽生市唯一の全日制普通科の進学校。学校はとても落ち着いた雰囲気で、皆楽しく学校生活を送っている。

「 求めて強き風に立つ」の校訓のもと、地域に根ざした進学校として生徒の進路希望を実現させている。そのために、週32時間授業で、朝読書(10分)、進学補習、夏季休業の短縮などを実施している。

本校では、第1次選抜(選抜の最初の段階)で調査書重視を打ち出しており、これは多くの普通科進学校が学力検査を重視する中で特徴的なことである。

県教育委員会より「高校生キャリアアップ&学力アップ推進プロジェクト」の指定を受け、これを「一高CGプロジェクト」と呼んでいる。学力向上とともに、将来を見据えたキャリア教育の視点に立った進路指導計画のもと、生徒の夢の実現をサポートしている。

授業のみならず、HRや行事等の教育活動全般を通し、大学入学共通テストに向けて、思考力・記述力を向上させる取り組みを行っている。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

学力試験

中学校の教科書を何度も繰り返し読み、基礎学力をつけてください。
意味を考えながらしっかり読み込むことはAI時代を生き抜くために必要な「読解力」の向上にも繋がります。
輝く未来のために、教科書を読み込むことを意識してきてください。

調査書

羽生第一高等学校は、第一次選抜で調査書を重視しますので、普段の授業も大切にしてください。

学校説明会のおすすめポイント

夏休みに行う第1回学校説明会では、映像で生徒の楽しそうな学校生活の様子を見ていただいたり、いくつかの部活の生徒が壇上にあがり、パフォーマンスを披露させていただいたりします。
「羽一」の空気を感じていただければと思います。

2回~4回の学校説明会では「全体説明会」「入試対策講座」「個別相談会」の3つからご希望のものを選んでください。

「誠実」に「丁寧」にみなさんのニーズにこたえる「羽一」の姿勢をご覧いただきたいと思っています。

学校のここに注目してほしい

大学入学共通テストに対応できる生徒を育てる教育に取り掛かり始めて5年になります。
思考力・判断力・表現力を向上させ、記述式問題対策もしています。

生徒たちはよく勉強をし、国公立大学にも複数名合格しています!

みなさんの夢を応援します!ぜひ羽一へいらしてください。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立羽生第一高等学校情報

ギャラリー

  • 県立羽生第一高等学校ギャラリー

  • 県立羽生第一高等学校ギャラリー

アクセスマップ

公式サイト

県立羽生第一高等学校公式サイトはこちら