県立羽生実業高等学校の学校情報

商業・農業の専門高校であり、資格取得や専門的知識・技術を習得することができる

学校所在地
埼玉県羽生市羽生323
最寄り駅
秩父鉄道西羽生駅 徒歩5分、東武線羽生駅 徒歩14分
電話番号
048-561-0341
特色
-駅から近い
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「は」行 / 共学 / 県立 / 商業科 / 情報処理科 / 農業科 / その他 / 東武伊勢崎線 / 羽生市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

どの科も選択科目や実験実習を大幅に導入。

園芸科
園芸作物の栽培方法と基礎知識を学んだ後、果樹班・草花班・野菜班・造園班に分かれ、温室棟や園場を利用してそれぞれの植物類の育て方を学ぶ一方で、農業機械やバイオテクノロジー、フラワーデザインなどについても学習。

農業経済科
2年次から、食品について製造から調理まで全般的に学ぶ食品調理コースと、淡水魚の飼育・養殖などを通じてより良い環境について考える環境コースとに分かれて学習。

商業科
簿記や情報処理だけにとどまらず、商業活動全般にわたる知識を幅広く学習する。
商品の売買を通じ、取引の流れや帳簿の付け方、客へのマナーなどを体感的に学ぶ「総合実践」という授業がある。

ビジネス会計科
数ある商業科目のなかで、特に「簿記」を重点的に学ぶ学科。

情報処理科
商業科目のなかで「情報処理」を中心に学習。
教材には、ワープロ、表計算、ホームページ作成、データベース、コンピュータグラフィック(CG)など各種ソフトウェアを活用。
国家試験や様々な競技会に積極的に挑戦し、好成績を収めている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

1年次より進路ガイダンスや進路講話を実施。2年次にはレディネステスト、進路ガイダンス、進路体験発表、模擬試験を行い、3年次は職業適性検査、進路ガイダンス、クレペリン検査、模擬試験などを実施。

全学年で三者面談を行うなど、きめ細かな進路指導を行っている。

★卒業生の進路状況<卒業生165名>
大学5名、短大3名、専門学校38名、就職84名、その他35名

★卒業生の主な進学先
関東学園大、埼玉学園大、作新学院大、十文字学園女子大、帝京大、東京国際大、人間総合科学大、平成国際大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
浦和大、共栄大、埼玉学園大、埼玉工業大、十文字学園女子大、城西大、尚美学園大、駿河台大、聖学院大、日本薬科大、平成国際大、ものつくり大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年次は全員参加制。

学校農業クラブ関係では、フラワーアレンジメント競技で8年連続全国大会出場(平成29年度まで)。

平成30年度は、ウエイトリフティング部がインターハイと国体に出場した。

平成29年度には、ウエイトリフティング部がインターハイと国体に出場し、陸上競技部と弓道部が関東大会に出場した。

設置部
陸上競技・ウェイトリフティング、ソフトボール、野球、ソフトテニス、バレーボール、サッカー、バスケットボール、弓道、バドミントン、山岳、卓球、コンピュータ、科学、ブラスバンド、書道、簿記、華道、ワープロ、家庭科、漫画研究、文芸、茶道、写真、放送

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 園芸即売会
5月 遠足
7月 球技大会
10月 体育祭、羽実祭(文化祭)
11月 修学旅行(2年)
2月 持久走大会
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会  9・1月各1回
★1日体験入学  8・11月各1回
★羽実祭  10月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

大正8年創立の伝統ある専門学科高校。校訓は、「誠実・創造・協調」。

商業・農業の専門高校であり、資格取得や専門的知識・技術を習得することができる。

エアコン完備。

アンテナショップ「夢実ガーデン羽実屋」を開店し、農産物販売を通して地域との交流および生徒の生きる力の養成に努めている。

商業の実践教育の場「羽実まなびや」では、生徒が実際の電子商取引の運営に取り組み、情報活用能力と販売に関する専門的な知識・技術を習得する。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立羽生実業高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立羽生実業高等学校公式サイトはこちら