県立狭山清陵高等学校の学校情報

視聴覚機器の利用やALTによる授業を積極的に実施している。

学校所在地
埼玉県狭山市上奥富34
最寄り駅
西武線新狭山駅 徒歩10分
電話番号
04-2953-7161
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 西武新宿線 / 狭山市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

1、2年次はほぼ共通履修。1年次は6クラスを7展開した少人数できめ細かな指導が行われる。

3年次には選択科目が大幅に増え、A・B・C・Dの4群から、それぞれが自分の希望にあった科目を受講。

芸術は3年間同一科目を学ぶ(音楽・美術・書道の中から選択)。

「時事英語」「異文化理解」など国際理解関連科目が多いのも特徴。

視聴覚機器の利用やALTによる授業を積極的に実施している。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

1年次より進路指導についてガイダンスや面接を実施するなど、きめ細かな指導が行われている。特に2年次の進路見学会や、各学年における分野別ガイダンス、面接指導など、一人ひとりの希望を実現させるための熱心な指導がなされている。

卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生224名>
大学49名、短大26名、専門学校78名、就職60名、その他11名

卒業生の主な進学先
亜細亜大、跡見学園女子大、十文字学園女子大、城西大、駿河台大、大東文化大、帝京大、東京国際大、東京富士大、東洋学園大、日本体育大、人間総合科学大、文教大、明星大、立正大

指定校推薦枠のある大学・短大など
跡見学園女子大、大妻女子大、工学院大、城西大、女子栄養大、駿河台大、大東文化大、拓殖大、東京国際大、東京電機大、東洋大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約8割が参加(1年次は全員参加制)。

平成29年度は、少林寺拳法部(女子)がインターハイと世界大会に出場した。また、弓道部が3年連続で関東大会に出場した。

平成28年度には、少林寺拳法部が女子でインターハイに出場した。また、弓道部が2年連続で関東大会に出場、女子バレーボール部や弓道部が県ベスト16進出など活躍している。

設置部
弓道(男女)、剣道(男女)、サッカー(男)、ソフトボール(女)、野球、卓球(男女)、ソフトテニス(男女)、バスケットボール(男女)、バドミントン(男女)、バレーボール(女)、陸上競技(男女)、少林寺拳法(男女)、アニメーション、英語、書道、吹奏楽、合唱、華道、放送、茶道、社会福祉、写真、演劇、美術、児童文化、理科

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

国際理解教育にちなんだ行事が多い。夏休みの海外研修(隔年)では、姉妹校であるオーストラリアのマッスルブルク高校へ希望者が赴き、現地で2週間のホームステイを行う。留学生講演会では、中国、ベトナム、韓国、ロシアなどから来日した学生の話を聞く。青年海外協力隊員による講演会では、開発途上国での様々な体験談を聞くことができる。

5月 遠足
6月 体育祭
7月 芸術鑑賞会
8月 オーストラリア海外研修(希望者)
9月 清陵祭(文化祭)
11月 修学旅行、留学生講演会
1月 スキー宿泊研修、青年海外協力隊員講演会
2月 ロードレース大会、三送会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・8・10・11・12・1・2月各1回
★体験学習 8月3回
★清陵祭 9月 見学可(ミニ学校説明会あり)
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

全館冷暖房完備、緑豊かな環境など、学習環境はたいへん快適である。

国際理解教育に力を入れおり、オーストラリアの姉妹校からの来校(隔年)の他、海外研修(隔年・希望者)、留学生講演会、青年海外協力隊員の講演会などを実施している。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立狭山清陵高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立狭山清陵高等学校公式サイトはこちら