県立松山女子高等学校の学校情報

大正15年創立。先輩から受け継いだ伝統を継承しつつ、それをさらに発展させるべく、生徒が相互に切磋琢磨しながら全力で取り組む姿はすばらしく、充実した高校生活を過ごすのに最適な環境が整っている。

学校所在地
埼玉県東松山市和泉町2-22
最寄り駅
東武線東松山駅 徒歩8分
電話番号
0493-22-0251
特色
-駅から近い
関連カテゴリ
★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「ま」行 / 女子校 / 県立 / 普通科 / 東武東上線 / 東松山市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

ほぼ全員が大学等への進学を希望する進学校のため、教育課程は第一志望を実現するための学力定着をめざしている。2年次まで文理の差を最小限とし、幅広い分野の学習を行う。

土曜公開授業を実施(年15回)。

ビブリオバトルを活用した読書活動の推進や、表現力・プレゼンテーション能力の育成に取り組んでいる。この取組みが評価されて、平成29年度、読書活動優秀実践校として文部科学大臣表彰を受けた。

補講が充実している。平成29年度では、3年生平日補講は17講座を実施(のべ700名)、3年生夏季補講は24講座を実施(のべ受講者711名)。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

★卒業生の進路状況<卒業生321名>
大学203名、短大36名、専門学校51名、就職12名、その他19名

★卒業生の主な合格実績
埼玉大、埼玉県立大、学習院大、國學院大、成蹊大、成城大、武蔵大、法政大、明治大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
学習院大、学習院女子大、成城大、東洋大、獨協大、日本大、武蔵大、明治大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

全員参加制。平成30年度は、陸上競技部がインターハイに、書道部・筝曲部・文芸部が全国総合文化祭に出場、音楽部が全国大会に出場、空手道部が関東大会に出場した

設置部
空手道、水泳、陸上、剣道、サッカー、卓球、バレーボール、ソフトボール、バドミントン、ソフトテニス、バスケットボール、新聞、放送、写真、美術、英語、演劇、化学、華道、茶道、生物、箏曲、陶芸、被服、文芸、料理、音楽、吹奏楽、歴史研究、書道、パソコン、地学、園芸、ソーシャルサポート

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月には新入生オリエンテーション合宿を実施している。

実力ある文化部が揃った松女祭(文化祭)はたいへん見応えがある。

この他、遠足、水泳大会、体育祭、修学旅行(2年)、球技大会、マラソン大会、予餞会などを実施。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会  7・9・10・11月各1回
★松女祭  6月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

<継往開来〜伝統と着実な変革〜>
大正15年創立。先輩から受け継いだ伝統を継承しつつ、それをさらに発展させるべく、生徒が相互に切磋琢磨しながら全力で取り組む姿はすばらしく、充実した高校生活を過ごすのに最適な環境が整っている。「社会で活躍する『凛として輝く』女性を育て、地域の期待に応える進学校」が本校のミッションである。

<松山女子高校の教育>
1、学習支援体制
生徒にとって学校生活の中心は授業であり、授業を充実させるためには予習・復習が不可欠となる。本校では生徒の自学を支援すべく、自習室を設置し、早朝や放課後、多くの生徒が利用している。また職員室前やHR棟への通路には質問を落ち着いて受けることができる机が多数設置され、その場で疑問を解消したい生徒が頻繁に訪れる。さらに、受験期が近づくと3年生の教室は早朝自習スペースとなり、励ましあって頑張っている。

2、特進クラス・総合クラス
本校では特進クラスと総合クラスが設置されている。特進クラスは週34時間(1・2年生)の授業を行い、総合クラスより国語・英語を各1時間増やし、学習内容定着の強化が行われている。また、学習合宿、長期休業中の補講は全員参加である。総合クラスは、「学習と部活の両立」をめざすクラスで、やるべき学習とやりたい部活動、有意義な高校生活を過ごすことを望む生徒が頑張っている。部活動で自由時間は少ないが、その分時間の使い方を考えて効果的な学習スタイルを構築している。

3、学習指導と進路指導
本校では、学習指導部・進路指導部を中心に1年生で進路講演会、職業研究、学部系統別ガイダンスを実施する。2年生では受験科目調査、大学模擬授業、オープンキャンパス参加、小論文指導を展開し、進学意識の向上をめざす。その蓄積の上に3年生ではPCを駆使した志望校決定の面談指導を繰り返し、生徒の第一志望実現への完全サポートを行っている。その成果が認められ、平成26年度から、埼玉県の「学校進学力パートナーシップ事業」の推進校に指定され、進学指導体制の強化を図っている。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立松山女子高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立松山女子高等学校公式サイトはこちら