県立朝霞西高等学校の学校情報

伸びる朝西、伸ばす朝西、感動と達成感あふれる学校

学校所在地
埼玉県朝霞市膝折2-17
最寄り駅
東武線朝霞駅 徒歩15分またはバス5分(正門前にバス停)
電話番号
048-466-4311
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「あ」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 東武東上線 / 朝霞市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

1年生は、すべての基礎になる学力を身に付けるため、基本的な科目をバランスよく学習する。また、英語と数学では少人数授業を実施。2年生では、自分の個性・進路希望に応じて、大きく文系・理系の2つのコースに分かれる。3年生になると、各人の個性を伸ばし、進路希望を実現するため、文系では84通り、理系では15通りと幅広い選択ができる。

ALTとのティームティーチングを行うなど、英語教育に注力している。

31単位の教育課程とし週1回(月曜)の7時限授業を実施。英・数・国の基礎学力向上、大学実績を伸ばすことがねらい。

学習習慣をつけるため、英・数・国3教科を中心に毎週末課題が出され、週明け月曜日には小テストが行われる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

一人ひとりの生徒を生かす進路指導を進路指導部が中心となり、卒業までを見通した計画を立て、LHRの時間などを利用して実践している。

進路先見学会、分野別進路ガイダンス、進路相談、模擬試験など、きめ細やかな指導を行っており、近年、四年制大学進学者が増加している。また、国立大、難関私立大の合格者が出るなど、大学進学希望者の上位校志向も高まっている。

夏休みに補習、1年を通してスタディサプリの利用などを実施。

卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生321名>
大学141名、短大22名、専門学校104名、就職3名、その他51名

卒業生の主な合格実績
埼玉県立大、早稲田大、慶應義塾大、工学院大、國學院大、駒澤大、芝浦工業大、上智大、成蹊大、成城大、専修大、中央大、東京電機大、東洋大、獨協大、日本大、法政大、武蔵大、明治大

指定校推薦枠のある大学・短大など
亜細亜大、大妻女子大、工学院大、東京電機大、東洋大、大東文化大、拓殖大、文教大、武蔵大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年生のみ全員参加制。全体としては8割以上の生徒が参加し、県大会に多くの部が出場。学習との両立を図りながら、活発に活動している。

平成29年度は、女子バスケットボール部、サッカー部、男女バドミントン部、陸上競技部、剣道部、男子テニス部などが県大会に出場した。

設置部(※は同好会)
野球、サッカー、ラグビー、ソフトボール、陸上競技、テニス(男女)、ソフトテニス(男女)、バレーボール(女)、バスケットボール(男女)、バドミントン(男女)、卓球、剣道、ダンス、音楽、茶道、写真、放送、ギター、箏曲、漫画研究、ハンドメイド、将棋、物理、美術、英語、演劇、書道、※ワンダーフォーゲル

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

夏休み中に2週間(20名程度)、姉妹校提携しているオーストラリアのプロサパイン高校への短期留学(希望者)を行っている。
体育祭は生徒会主催で大々的に行われる。

4月 新入生歓迎会
6月 体育祭
9月 しいのき祭(文化祭)
10月 進路講演会
11月 ロードレース大会、修学旅行(2年)、遠足(1年)
2月 3年生を送る会
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★朝西見学会 7・8・10・12月各1回
★部活動体験 8月
★しいのき祭 9月 見学可

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

「伸びる朝西、伸ばす朝西、感動と達成感あふれる学校」という本校が目指す学校像の実現に、教職員、生徒ががんばる学校である。

授業改善に向けて生徒の授業評価アンケートや教員どうしの授業研究週間、一般公開授業を実施している。

平成26年度、県より海外授業体験推進校の指定を受けた。

オーストラリアのプロサパイン高校と姉妹校提携し、短期留学(希望者)を毎年実施するほか、青年海外協力隊OBの話を聞く会、異文化交流体験ホームルームなど、国際交流に力を入れている。

開校当初より学校の様子を記載した「週報」(学校だより)を毎週発行し、地域や中学校に配布。発行数は既に1280号を越えている。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立朝霞西高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立朝霞西高等学校公式サイトはこちら