県立春日部東高等学校の学校情報

勉強と部活とを両立させて、文武両道をめざす学校

学校所在地
埼玉県春日部市樋籠363
最寄り駅
東武線春日部駅 徒歩20分またはバス、東武線藤の牛島駅 徒歩20分
電話番号
048−761−0011
関連カテゴリ
★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「か」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / その他 / 東武野田線 / 春日部市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

「文武両道」の校訓のもと、55分× 6時間の授業により、土曜日授業を行わずに他の進学校と同等の学習時間を確保する。

普通科
2年次より文系と理系に分かれて学習する。どちらの類型も主要5教科を満遍なく学ぶので、私立難関大学はもちろん国公立大学にも対応したカリキュラムとなっている。

3年次に文系は3科目(「世界文化史」、「子どもの発達と保育」、「音楽理論」など)の、理系は1科目(「情報の科学」など)の選択科目が用意されるので、各自の希望する進路のための学習をより深く行うことができる。

人文科
難関私立文系大学合格を目指す特進クラス。文系科目に重点を置いた教育課程を履修しながら、自ら学ぶ力を育成し、個性と創造性を伸長させる。将来、文学・歴史・政治・外国語などの分野で活躍し、国際社会に貢献できる人材を育成。

専門科目と「人文科探究」を教育の柱とする。

1・2年次で学ぶ学校設定科目「人文科探究」では「課題研究トレーニング」「課題研究」などを行い、課題解決能力や表現力の養成をめざす。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進学補習を計画的に実施。夏休みは大規模な進学補習を実施する。

進路資料室には、大学入試問題や合格体験記が揃っており、いつでも閲覧可能。

大学受験対策として、IN環境であればいつでも視聴可能な「受験サプリ」を導入。

★卒業生の進路状況<卒業生357名>
大学287名、短大12名、専門学校16名、就職6名、その他36名

★卒業生の主な合格実績
新潟大、埼玉大、東京学芸大、電気通信大、埼玉県立大、早稲田大、青山学院大、学習院大、中央大、東京理科大、法政大、明治大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
青山学院大(1)、学習院大(7)、國學院大(4)、成蹊大(2)、成城大(3)、中央大(4)、東京理科大(6)、獨協大(9)、法政大(6)、武蔵大(4)、明治大(1)、明治学院大(5)、立教大(1) 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年次は全員参加制。陸上競技部は全国大会の常連である。

平成30年度は、関東大会に陸上競技部(41年連続)、男子バスケットボール部、ソフトボール部が出場。
ソフトボール部は関東大会で準優勝した。

平成29年度には、陸上競技部がインターハイに出場した。また、関東大会に男子ソフトテニス部、柔道部男子、陸上競技部が出場した。
ソフトボール部は総体予選で県準優勝となった。

設置部
陸上競技、野球、ハンドボール(男女)、ソフトテニス(男女)、バレーボール(男女)、バスケットボール(男女)、卓球(男女)、剣道、柔道、バドミントン(男女)、体操、サッカー、ソフトボール、弓道、文学、茶道、音楽、ギター、吹奏楽、写真、放送、ESS、物理、化学、生物、地学、社会、新聞、美術、囲碁将棋、華道、漫画アニメ、書道、演劇

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

6月 春東祭(体育祭)
7月 球技会、海外研修
9月 春東祭(文化祭)
10月 遠足(1・3年)、修学旅行(2年)
12月 芸術鑑賞会
2月 耐久レース(1・2年)
3月 球技会(1・2年)、予餞会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★ 学校説明会  8・9・11・12月各1回
★文化祭  9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

勉強と部活とを両立させて、文武両道をめざす学校。

全てのホームルーム教室と特別教室に冷房を設置。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立春日部東高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立春日部東高等学校公式サイトはこちら