県立所沢北高等学校の学校情報

叡智育成をモットーに、自主自律の精神を重んじながらも規律ある学校生活が営まれている。

学校所在地
埼玉県所沢市並木5-4
最寄り駅
西武線新所沢駅 徒歩10分
電話番号
04-2995-5115
関連カテゴリ
★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「た」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 西武池袋線 / 所沢市 / 理数科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

普通科
授業時間と放課後の部活動の時間を確保するため、「65分× 5限」授業を実施している。時間割は週ごとに変わり、4週で1サイクルとなる。
1年次は基礎学力の養成に力を入れ、同一課程を履修。
2年次から文系・理系に分かれ、さらに3年次には多彩な選択科目のなかから自分の進路希望にあわせて選択し、履修する。
全学年で週34単位を実施。

理数科
難関国公立大の医・歯・薬・理工系への進学を目標とするカリキュラムとなっている。
1・2年次は理数科専門科目(理数数学Ⅰ・Ⅱ、理数数学特論、理数化学、理数生物、理数物理)を多く学ぶ。また、2年次の「課題研究」では、各自の設定したテーマに基づいて、実験実習や文献調査を中心とした探究学習を行う。3年次には国公立大受験に備えて文系科目も開講される。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

長期休業中や通年で、進学補講を実施。

3年次には模擬面接や小論文指導も行う。

卒業生の進路状況(平成29年3月)
<卒業生364名>
大学308名、短大0名、専門学校4名、就職1名、その他51名

卒業生の主な合格実績
北海道大、東北大、宇都宮大、埼玉大、千葉大、筑波大、お茶の水女子大、電気通信大、東京外国語大、東京学芸大、東京農工大、横浜国立大、神戸大、長崎大(医)、埼玉県立大、首都大学東京、防衛医科大学校、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、上智大、中央大、東京女子大、東京理科大、法政大、明治大、立教大

指定校推薦枠のある大学・短大など
早稲田大、青山学院大、学習院大、専修大、中央大、東京理科大、東洋大、日本大、法政大、武蔵大、明治大、明治薬科大、立教大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約95%が参加。

平成29年度は、陸上部が女子400mと女子1600mRでインターハイに出場した。美術部が県展で入選した(8年連続)。

平成28年度には、陸上部が女子400m、4×400mRで関東大会に出場した。美術部は県展で優秀賞を受賞した。

設置部(※は同好会)
弓道、剣道、柔道、サッカー、ソフトボール、卓球、テニス(男女)、バスケットボール(男女)、バドミントン(男女)、バレーボール(男女)、ハンドボール(男女)、野球、ラグビー、陸上、ワンダーフォーゲル、チアダンス、英語、演劇、音楽、華道、ギター、茶道、写真、化学、新聞、吹奏楽、地球科学、美術、物理、文芸、放送、漫画研究、※生物、※数学

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

新入生のための「所北セミナー」を実施している。入学当初に1泊2日の宿泊研修を行い、高校での学習方法、進路希望の実現方法などを指導する。

4月 学習合宿「所北セミナー」、遠足
6月 体育祭
7月 ニュージーランド研修(〜8月・希望者)
9月 北高祭(文化祭)
10月 修学旅行
11月 芸術鑑賞会、ロードレース大会
3月 予餞会、スポーツ大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★学校説明会・理数科説明会 7月1回、11月1回
★夏季部活動見学 7月2回
★北高祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和49年に開校。叡智育成をモットーに、自主自律の精神を重んじながらも規律ある学校生活が営まれている。

平成28年度、理数科が設置された。

国際交流事業として、ニュージーランド研修がある(希望者)。外国からの来校者も多数。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立所沢北高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立所沢北高等学校公式サイトはこちら