県立川口工業高等学校の学校情報

川口商工会議所と連携

学校所在地
埼玉県川口市南前川1−10−1
最寄り駅
JR京浜東北線西川口駅 徒歩17分、バス、JR京浜東北線蕨駅 徒歩20分、バス
電話番号
048-251-3081
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「か」行 / 共学 / 県立 / 工業科 / 情報処理科 / 京浜東北線 / 川口市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

社会に貢献できる、工業の中堅技術者の育成のために、基礎学力を育成するための普通科目と各学科の専門科目を学習する。

1年次に基礎学力を定着させるカリキュラムを設定している。

専門の実習においては少人数による指導を行い、安全に基礎技術を学ぶ体制が確立している。

★機械科
現代生活を支える自動車や電車、家電製品など身の回りのあらゆるものの製造に関わる知識と技術を学ぶ。 鋳造、旋盤、溶接の技術や設計、製図を学習する。 自動車、印刷関連企業や大学に就職、進学する。

★電気科
家電から自動車まで、生活に必要とされる電気について、 電気のエネルギー」と制御(コントロール)について学ぶ。 卒業後3年間の実務経験で第3種電気主任技術者の資格が取得できる。 電気工事や保守・点検に従事する仕事に就く。

★情報通信科
現在の情報社会では様々な情報通信関連や画像、映像のデジタル情報を扱う機会に溢れている。 ネットワークの技術や光ファイバーの接続・配線、無線・有線の通信に関する学習をし、ネットワーク関連、電気通信関連、情報配線設備関連企業、大学への就職・進学をめざす。 3年次に、無線通信の運用・管理に必要な無線従事者の国家資格をめざす通信システムコースと、ネットワークの設計・管理について学ぶ情報ネットワークコースを選択する。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生182名>
大学11名、短大1名、専門学校25名、就職143名、その他2名

★卒業生の主な合格実績
浦和大、埼玉学園大、城西大、聖学院大、千葉工業大、東京国際大、東京電機大、日本工業大、ものつくり大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
浦和大、埼玉工業大、帝京大、東京国際大、東京電機大、日本大、日本工業大、ものつくり大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

野球部は甲子園出場の経験がある。 機械研究部はエコラン全国大会優勝(平成25年度)の実績を持ち、弱電部も全国大会の常連である。

平成30年度は、機械研究部がHondaエコマイレッジチャレンジ全国大会で5位に入賞した。

★設置部(※は同好会)
硬式野球、バスケットボール、柔道、バレーボール、サッカー、陸上競技、水泳、卓球、自転車、山岳、硬式テニス、バドミントン、機械研究、弱電、コンピュータ、科学、※剣道、※漫画創作研究、※電気研究、※ハンドボール、※空手、※掃除、※ボウリング、※軽音楽、※放送、※ボランティア

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

体育祭、川工祭(文化祭)、インターンシップ、マラソン大会、修学旅行、三送会、球技大会などを実施。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 10・1月各1回
★体験入学 8月1回
★学校施設見学会 8月1回
★川工祭 10月 見学可
★学校見学会 5月1回

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

第2種電気工事士、情報配線施工技能検定等の資格取得に力を入れている。

地域密着型の工業高校となっており、川工人材育成プロジェクトとして、地元企業を中心にインターンシップ、夏季休業中の公開講座を行っている。また、就職率70%、進学30%の割合となっている。

全教室にエアコンを設置。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立川口工業高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立川口工業高等学校公式サイトはこちら