県立小鹿野高等学校の学校情報

地域を担う人材を育成すると共に、生徒の多様なニーズに応じられるよう、普通科と専門学科を統合した総合学科高校

学校所在地
埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野962-1
最寄り駅
西武線西武秩父駅、秩父鉄道秩父駅 バス
電話番号
0494-75-0205
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「あ」行 / 共学 / 県立 / 西武秩父線 / 秩父鉄道 / 秩父郡 / 総合学科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

少人数でのクラス編成・授業展開が行われている。

1年次は、全員が共通の科目を学習し、2年次以降は、以下の4系列の選択科目・自由選択科目から各自の興味・関心・希望進路に応じた科目を選ぶ。系列を越えての選択も可能である。また、選択科目には、総合学科ならではの多彩な授業科目が用意されている。

★情報・ビジネス系列
情報・商業に関する知識と技術の習得、ビジネス文書検定・簿記検定・電卓検定などの資格取得により、情報・商業系への就職や大学進学を目指す。

★郷土・環境系列
地域の伝統・文化を体験的に理解し、自然・環境に関する基礎的な知識と技術を習得して、地元企業への就職などを目指す。

★福祉・生活系列
介護・福祉に関する知識と技術の習得による福祉・看護系への進学や就職を目指す。2年次には10日間の介護実習を校外で行う。

★国際教養系列
コミュニケーション能力を育成し、大学・短大・介護・医療系専門学校への進学に必要な知識と学力を確実に身につけることを目指す。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

1年次の「産業社会と人間」において、キャリア教育の視点に立った進路指導を行う。その一環として、4月に新入生オリエンテーションを、10月にはインターンシップ(就労体験)を実施。2年次以降の系列・科目選択にも役立てている。

月曜日に補習(マンデーレッスン・スキルアップトレーニング)を実施。

3年次には、進路説明会や進路対策テストのほか、履歴書の書き方や身近な敬語の使い方講座などを実施する。また、就職希望者には模擬面接指導を、進学希望者には小論文指導などを行っている。

★卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生87名>
大学7名、短大4名、専門学校24名、就職50名、その他2名

★卒業生の主な合格実績
関東学園大、城西大、城西国際大、駿河台大、東京国際大、東京福祉大、東洋学園大、文教大、武蔵野学院大、流通経済大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

全員参加制。

平成28年度には、関東大会に陸上競技部、柔道部(女子)が出場した。また、ボランティア部がeco-1グランプリ審査員特別賞を受賞した。

設置部(※は同好会)
陸上競技、サッカー、バレーボール(女)、ソフトテニス、柔道、弓道、野球、バドミントン、剣道、科学、書道、吹奏楽、華道、茶道、美術、ボランティア、※太鼓

 

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

5月 交通安全教室
6月 体育祭、修学旅行(2年)
7月 救急法講習会
11月 わらじかフェスタ(文化祭)、遠足
12月 球技大会
2月 芸術鑑賞会、予餞会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・8・10・12・1月各1回
★わらじかフェスタ(文化祭)11月見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

地域を担う人材を育成すると共に、生徒の多様なニーズに応じられるよう、普通科と専門学科を統合した総合学科高校である。

少人数であることにより、きめ細かな指導ができ、「わかる喜び、できる喜び」を生徒に与えて学力向上を図っている。

福祉・生活系列では、老人施設へクリスマス会などの慰問を行い、利用者や職員と交流している。

ボランティア活動に力を入れており、全校生徒による地域清掃などを行っている。

自宅から通学が困難な生徒に対して、小鹿野町内の宿泊施設が受け入れる「山村留学」の制度がある。希望者は学校説明会に2回以上参加し、事前審査を受ける必要がある(2019年度入学生)。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立小鹿野高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立小鹿野高等学校公式サイトはこちら