県立坂戸高等学校の学校情報

文武にすぐれ、世界に羽ばたくリーダーを育てる進学校。

学校所在地
埼玉県坂戸市上吉田586
最寄り駅
東武線北坂戸駅 徒歩13分
電話番号
049-281-3535
関連カテゴリ
★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 東武東上線 / 坂戸市 / 英語科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

★普通科
45分×7限で週34単位の教育課程を実施。

平成25年度の新学習指導要領の完全実施に合わせ、24年度生から教育課程を全面的に見直した。その結果、1年次の英数国を標準よりも1単位増やし、2年次の数学Bを必修化したほか、大学入試の実態に合わせて単位数配置の変更などが行われた。

1年次は、全員共通の教科・科目を学習して基礎学力を身につけ、2年次から一部で選択科目が始まる。

3年次では文系・理系に分かれ、希望進路に合わせて科目を選択する。

★外国語科
全学年を通して英語が全授業数の約3分の1を占める。また、第二外国語(ドイツ・フランス・スペイン・中国)の選択ができる。

2名のALTが常駐しているので、生きた英語を学ぶことができる。また、スピーチコンテストやディベート大会、オーストラリア研修旅行(希望者)など、学んだ英語を実践する機会も多い。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

平日補講や土曜補講、夏期補講に加え、1、2年次の夏季進学合宿、3年次のセンター試験直前体験など、進学のためのサポート体制が充実している。現役進学率は85.3%を誇る(平成28年度)。

センター説明会、併願説明会、模試解説授業、看護医療説明会など、親身なガイダンスを実施。

卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生362名>
大学293名、短大4名、専門学校30名、就職3名、その他32名

卒業生の主な合格実績
宇都宮大、群馬大、埼玉大、筑波大、埼玉県立大、首都大学東京、青山学院大、学習院大、國學院大、埼玉医科大、成蹊大、中央大、東京工科大、獨協大、法政大、武蔵大、明治大、明治学院大、立教大

指定校推薦枠のある大学・短大など
青山学院大、学習院大、國學院大、芝浦工業大、成城大、中央大、東京医療保健大、東京都市大、東京薬科大、獨協大、日本大、文教大、法政大、武蔵大、立教大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

9割以上が参加(1年次は全員参加制)。文武両道を目指す。

平成30年度は、科学部、放送部、美術部が全国高校総合文化祭に出場した。

設置部
ハンドボール、バレーボール(女)、陸上競技、空手道、剣道、サッカー、体操、硬式テニス(女)、軟式ボール、卓球(男女)、硬式野球、アウトドア、バドミントン(男女)、バスケットボール(男女)、ソフトテニス(男女)、ダンス、放送、ギター、イラストデザイン、音楽、茶道、写真、書道、英語、科学、吹奏楽、華道、美術、文芸、演劇

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

毎年オーストラリアの高校と相互訪問を行うなど国際交流にも力を入れ、国際理解教育を推進。

4月 おはなみ祭(部活動校紹介)
6月 体育祭
7月 スポーツ大会、オーストラリア研修(希望者)、校内スピーチコンテスト
8月 進学合宿(1・2年)、イングリッシュセミナー(外国語科1年)
9月 やなぎ祭(文化祭)
11月 ロードレース大会、修学旅行(2年・沖縄)
12月 スポーツ大会
1月 百人一首大会
2月 予餞会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 7・9・11・12月各1回
★部活動見学会 8月2回
★やなぎ祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

文武に秀で、地域に愛され、国際感覚豊かな人材を育てる学校。

ホームルーム・特別教室に冷房を設置。自習室は冷暖房完備。

平成29年度から31年度まで埼玉県「キーパーソン育成プログラム」進学指導推進校に指定されている。また、埼玉県の「科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト」化学分野拠点校でもある。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立坂戸高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立坂戸高等学校公式サイトはこちら