県立北本高等学校の学校情報

市内唯一の高校として地域に根ざした学校作りをめざしている

学校所在地
埼玉県北本市古市場1−152
最寄り駅
JR高崎線北本駅 バス
電話番号
048−592−2200
関連カテゴリ
★★(偏差値50程度まで) / 高校名「か」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 高崎線 / 北本市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

平成24年度より、基礎基本の学力の修得と進路実現をめざして、教育課程を大幅に変更した。

1、2年次は芸術科目(音楽・美術・書道)の選択を除いて、全員が同じ科目を学習し、基礎基本の学力を修得する。

3年次は、理系(主に理系大学進学)、文理系(主に看護等専門学校進学)、文系に分かれて、それぞれの進路にあわせた学習を行う。

5クラスを6展開した少人数学級編成によって、きめ細かな授業を行う。さらに、1年次の数学は習熟度別少人数授業を実施する。

英語検定や漢字検定などの各種資格取得に力を入れており、学校を会場とする検定には検定料補助の制度がある。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

空き教室を利用して生徒が自由に活用できる進路室を教室棟に設置。

就職用模擬面接では、1人の生徒が6人の教員に当たるようにきめ細かい指導をしている(6回の面接)。
平日や長期休業中に進学補習を実施。

卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生167名>
大学24名、短大5名、専門学校79名、就職41名、その他18名

卒業生の主な進学先
亜細亜大、跡見学園女子大、浦和大、国士舘大、埼玉工業大、城西大、城西国際大、尚美学園大、駿河台大、聖学院大、大東文化大、高千穂大、帝京大、東京国際大、東洋大、日本工業大、法政大、立正大

指定校推薦枠のある大学・短大など
浦和大、共栄大、埼玉学園大、埼玉工業大、十文字学園女子大、城西大、尚美学園大、駿河台大、聖学院大、西武文理大、東京電機大、東洋大、ものつくり大、立正大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年次全員参加制。

平成30年度は、陸上競技部が県大会に出場した。

平成29年度は、書道部が全国高校総合文化祭に出品した。野球部は夏の埼玉大会でベスト16に進出した。

設置部
野球、陸上競技、バドミントン、サッカー、バスケットボール、卓球、バレーボール(女)、ソフトテニス(男女)、演劇、国際交流、美術、華道、吹奏楽、JRC、囲碁・将棋、軽音楽、漫画研究、書道、茶道、家庭、PC科学

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

生徒会を中心に多くの行事を実施。

文化祭では地域とのタイアップを進め、生徒の「体験」や地域との交流を深めている。

4月 新入生歓迎オリエンテーション
5月 校外体験学習(1〜3年)
7月 球技大会
9月 北高祭(文化祭)
10月 体育祭
12月 芸術鑑賞会、球技大会、修学旅行(2年)
1月 三年生を送る会
2月 冬季校外体験学習(1年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 10・11月各1回
★体験入学 8月1回
★入試相談会 12・1・2月各1回
★北高祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

交通安全ボランティアとして、毎年、北本名産にちなんだ手作りのマスコット「いったん、止マット」をドライバーに配布している。

市内唯一の高校として地域に根ざした学校作りをめざし、北本市の小・中学校との間で交流事業を実施(KISEP)。部活動合同練習や小学校通学路でのあいさつ運動・交通安全指導などを行っている。また、K-CAP(北本高校地域活動事業)として、市民文化祭芸術展への参加や「私の青春メッセージ発表会」などを行っている。

すべてのHR教室と芸術科教室に冷房を設置し、快適な学習環境が整えられている。

海外の日本語教師の研修として年1回、本校に来校して生徒と交流をしている。

平成25年度に埼玉県より、未来を拓く「学び」推進事業、JST(就職支援アドバイザー)派遣の指定を受けている。

タブレット端末、プロジェクター、Wi-Fi等の整備を行い、「学び」プロジェクト研究開発校として、ICTを活用した授業を推進する。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立北本高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立北本高等学校公式サイトはこちら