県立久喜北陽高等学校の学校情報

学業と部活動の両立により、心豊かな「人間力」を育成する。「真剣勝負」を合言葉に、勉強と部活動を両立して頑張る生徒がたいへん多い。

学校所在地
埼玉県久喜市久喜本837−1
最寄り駅
JR宇都宮線・東武線久喜駅 徒歩25分またはバス
電話番号
0480−21−3334
関連カテゴリ
★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「か」行 / 共学 / 県立 / 宇都宮線 / 東武伊勢崎線 / 久喜市 / 総合学科

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

単位制の進学型総合学科で、全員が共通に学ぶ必修科目・原則履修科目と、生徒各自が選ぶ総合選択科目・自由履修科目から、カリキュラムは構成されており、112科目の講座が設定されている。

1年次は共通の科目を学び、2年次から、原則として選択科目の中から進路にあわせて科目を選択し、自分の時間割を作る。

科目選択に際してパターン制(文系・理系・総合)を導入することで、進路実現に向けて効果的な学習が可能となっている。普通科に較べて自由度が高く、また進路実現にも有利な科目選択が可能である。

大学入試センター試験を突破できる学力を養成し、第一志望への進路実現を支援するため、週2日の「7時間授業」で学力の充実を図る。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

ガイダンスや講演会、コース別説明会など、進路行事が充実している。

普通科とは違い、多数の商業系講座の学習が可能で、AO入試や推薦入試に備えて、数多くの資格を取得することができる。簿記検定、情報処理検定、電卓検定、秘書検定、実用英語技能検定、数学検定、商業経済検定などのほか、ITパスポート試験や基本情報処理技術者検定といった国家資格の取得も可能である。

★卒業生の進路状況<卒業生315名>
大学176名、短大21名、専門学校83名、就職15名、その他20名

★卒業生の主な合格実績
埼玉県立大、國學院大、芝浦工業大、専修大、東京電機大、東京理科大、東洋大、獨協大、日本大、法政大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
亜細亜大、大妻女子大、工学院大、実践女子大、芝浦工業大、女子栄養大、専修大、大東文化大、東京家政大、東京経済大、東京電機大、東京農業大、東京理科大、東洋大、獨協大、日本大、文教大、法政大、立正大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約88%が参加(入学時全員加入)。

平成30年度は、弓道部が全国大会に出場(男子団体)、テニス部が県大会に出場(男子・女子)した。

平成29年度には、弓道部が全国大会に出場(男子個人)、ESS部が埼玉県商業高校英語スピーチコンテストで優勝し全国大会に出場、チア部が久喜市くき親善大使に就任した。

設置部
陸上競技、野球、サッカー、ソフトボール、硬式テニス(男女)、バレーボール(男女)、バスケットボール(男女)、バドミントン(男女)、卓球(男女)、ハンドボール、剣道、山岳、弓道、ESS、吹奏楽、写真、情報処理、ワープロ、簿記、新聞、文芸、社会、書道、美術、理科、茶道、家庭、コーラス、インターアクト、華道、チア

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

5月に体育祭、7・12月に球技会、9月に光陽祭(文化祭)、10月に遠足、修学旅行、2月に予餞会などを実施。

国際理解教育に力を入れており、オーストラリア短期研修(12日間)とブリティッシュヒルズ語学研修(2泊3日)を隔年で夏休みに行う。

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★部活動体験会  10月1回
★学校説明会  8・10・12・1月各1回
★オープンスクール  11月1回
★文化祭  9月 見学可

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

学業と部活動の両立により、心豊かな「人間力」を育成する。「真剣勝負」を合言葉に、勉強と部活動を両立して頑張る生徒がたいへん多い。

小・高交流事業として、久喜市内の小学校2校と交流。希望する生徒は小学校へ訪問し、先生の補助や夏休みの補習を手伝う。本校ではボランティアとして希望する生徒が多く、地域からも信頼を得ている。

平成30年度「県立高校グローバルリーダー育成プロジェクト」による高校生米国派遣事業に、本校生徒1名が選出され参加した。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立久喜北陽高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立久喜北陽高等学校公式サイトはこちら