県立与野高等学校の学校情報

伝統ある落ち着いた平和な学校

学校所在地
埼玉県さいたま市中央区本町西2-8-1
最寄り駅
JR埼京線与野本町駅 徒歩10分
電話番号
048-852-4505
関連カテゴリ
★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「や」行 / 共学 / 県立 / 普通科 / 埼京線 / さいたま市中央区

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

本校では科目選択制によるカリキュラムを採用し、生徒一人ひとりの個性の伸長と希望進路の実現に全力で取り組んでいる。1年次は主要教科単位数を多くとり、基礎科目の充実を目指している。2年次は緩やかな文理選択を行いつつ、共通履修科目を基本として学習する。特に英語・数学の単位数を多くしている。

3年次は、文理含めて5類型とし、国公立文系・理系、私立文系・理系、医療・看護・栄養系を視野に入れ、そのために必要な教科目を配置した。また、類型選択の中で一部の科目選択を行うという編成にした。

英語表現Ⅰと数学Ⅱの授業は少人数授業で行われる。

放課後や長期休業中の進学補習や小論文学習、模擬試験の実施など、サポート体制も万全である。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

模擬試験は1年次から実施。夏休みには進学補習も行う。

3年次には、センター試験説明会、看護医療説明会、就職公務員説明会を適宜実施。また、小論文の個別指導や模擬面接指導も行う。

近年センター試験受験者が大幅に増加した。また、難関大学に一般受験で複数の合格者を出すなど進学実績も上がっている。

卒業生の進路状況(平成30年3月)
<卒業生362名>
大学245名、短大16名、専門学校59名、就職8名、その他34名

卒業生の主な合格実績
千葉大、前橋工科大、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、國學院大、駒澤大、成蹊大、成城大、東京家政大、東京理科大、獨協大、法政大、明治大、立教大

指定校推薦枠のある大学・短大など
國學院大、駒澤大、芝浦工業大、昭和女子大、成蹊大、東京家政大、東京理科大、東洋大、獨協大、二松學舎大、日本大、文教大、武蔵大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年次のみ全員参加制。

フェンシング部、バトン部、陸上競技部および書道部が毎年全国大会、関東大会レベルで活躍している。

平成30年度は、フェンシング部がインターハイに出場した。フェンシング部には今年度海外遠征をしてワールドカップグランプリ大会に出場した選手も在籍している。

平成29年度は、フェンシング部がインターハイに出場し、女子エペでベスト16に進出した。また、バトン部が全国高校ダンスドリル大会に出場した。

設置部(※は同好会)
弓道、剣道、サッカー、山岳、柔道、新体操、ソフトテニス、卓球、硬式テニス、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、フェンシング、野球、陸上競技、演劇、科学研究、家庭科、華道、茶道、写真、書道、吹奏楽、バトン、美術、放送、漫画研究、情報技術、軽音楽、文芸、※かるた、※囲碁、※ボランティア

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

それぞれの行事が生徒の主体的な活動によって執り行われ、素晴らしい出来上がりを見せている。

近隣の小学校との交流事業を行っており、夏休みに希望者が児童に勉強を教えたり、陸上競技部が走り方教室を開いたりなどの交流を行っている。

5月 校外HR(遠足)
6月 与野高祭(体育祭)
7月 芸術鑑賞会、球技大会
9月 与野高祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年)
11月 マラソン大会
2月 三送会
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★ 学校説明会 8・9・11・1月各1回(申込必要)
★文化祭 9月 見学可
★学校見学は要電話連絡

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和3年、埼玉県与野農学校として創立された、伝統ある落ち着いた平和な学校。生徒会活動が盛んで、近隣の小学校と交流がある。

平成26年度より指定セーターが導入された。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の県立与野高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

県立与野高等学校公式サイトはこちら