狭山ヶ丘高等学校の学校情報

「人間に生まれついての能力差はない」を合言葉に充実の学校生活で進学実績急上昇 独自の心の教育と強力な部活動

学校所在地
埼玉県入間市下藤沢981
最寄り駅
西武池袋線武蔵藤沢駅 徒歩13分、西武新宿線入曽駅・狭山市駅、八高線箱根ヶ崎駅、東武東上線・埼京線川越駅より スクールバス(無料)
電話番号
04-2962-3844
生徒数
1022名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -スポーツが強い -クラブが活発
関連カテゴリ
★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 私立 / 普通科 / 埼京線 / 八高線 / 西武新宿線 / 西武池袋線 / 東武東上線 / 入間市

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

全館冷暖房完備充実した施設

狭山茶の茶所、入間市に位置し、校舎はすべて冷暖房完備。また、夜7時まで自学自習のために開放している自習室、夜9時(中学は7時)まで自習できる特別自習室、2階建ての武道場「攻々館」、弓道場・テニスコート・野球場・サッカーグラウンド・多目的グラウンドを擁する広大な「総合グラウンド」など様々な施設が整っている。400人収容の講堂や、視聴覚室、理科実験室などの施設も充実。

2010年より地上5階・地下1階建ての校舎も使用開始し、この中には130人収容可能な自習もできる図書室や150人収容の専用自習室もある。2014年には新体育館が完成、翌年には7階建ての新校舎(300人収容生徒ホール・理科実験室3室・音楽室・図書室・自習室などを含む)も完成し、県内随一の充実した学習環境を誇る。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

高等学校は4つの類系を設置

2013年度新設の中学は、難関国立大学現役合格を実現する6年間一貫教育。中1・中2の基礎力充実期では、補習やきめ細やかな個人指導を行い、主要5教科の確実な理解と応用力を養う。中3の前半で中学校の学習内容を終了し高校段階の学習に入る。

高2より各自の進路希望により文系・理系に分かれ、高2の終わりまでに高校での学習内容を終了する。高3では演習中心の授業を展開し、即戦力を養い、大学入試に臨む。

高等学校は4つの類系。
東大など最難関国立大学現役合格を目指す最難関国立進学コース(最難関国立)、難関国公立や早稲田・慶應など最難関私立大学現役合格を目指す難関国立・私立進学コース(難関国私)は、早期に教科書の学習内容を終了して3年次からは実践演習に重点を置く。また、長期休暇中には特別講習を通して、総合演習力の強化を図る。

部活動をしながら難関大学(GMARCH)を目指す特別進学コース特進)でも、年間を通して二者・三者面談を行い、目標達成のため生徒一人ひとりをバックアップする。主にサッカー部・野球部を中心に構成する総合進学コース(総進)は、当該スポーツ活動を継続して行う意思と高い能力を有するだけでなく、大学への進学を目指す。

各教科担当が開講する朝ゼミや入学前特別講習、放課後講習、模試対策講習や英検対策講習など、大学入試対策も万全だ(講習はすべて無料)。また、豊かな人間形成を目指し、「茶道」を正規の授業として取り入れている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

急速に伸びる進学実績

2017年度は東京大・東京工業大・千葉大等国公立56名、早稲田・慶應・上智・東京理科が42名、GMARCHが112名の合格であった。

大学への合格は目的ではなく結果ではあるが、全卒業生の難関大学現役合格を目指し、その実現に向け、自学自習の徹底を期している。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の狭山ヶ丘高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22か23か24(推薦)、2/5(一般)
試験科目 国・数・英+面接
募集人員 国立:80、難関:120、特進:160、総進:40
受験者数 国立:224、難関:431、特進:454、総進:37
合格者数 国立:243、難関:469、特進:366、総進:37
競争率 国立:-、難関:-、特進:1.2、総進:1.0

※定員は内部進学80名含む ※人数は専願推薦/併願推薦/一般。スライド合格含む

ギャラリー

  • 狭山ヶ丘高等学校ギャラリー

  • 狭山ヶ丘高等学校ギャラリー

  • 狭山ヶ丘高等学校ギャラリー

  • 狭山ヶ丘高等学校ギャラリー

アクセスマップ

公式サイト

狭山ヶ丘高等学校公式サイトはこちら