武蔵越生高等学校の学校情報

創立65年 難関大学の現役合格率が大幅UP!独自の取り組み「志教育」で学力と実践力を養う

学校所在地
埼玉県入間郡越生町上野東1-3-10
最寄り駅
東武越生線武州唐沢駅 徒歩2分、西武池袋線稲荷山公園駅・飯能駅、西武 新宿線狭山市駅、八高線東飯能駅・高麗 川駅、高崎線熊谷駅、東武東上線小川町 駅 各スクールバス
電話番号
049-292-3245
生徒数
1075名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -スポーツが強い -クラブが活発 -駅から近い
関連カテゴリ
★★★(偏差値50から60程度まで) / 高校名「ま」行 / 男子校 / 共学 / 私立 / 普通科 / 高崎線 / 八高線 / 西武新宿線 / 西武池袋線 / 東武東上線 / 東武越生線 / 入間郡

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

勉強にクラブ活動に充実度満点の施設

校舎は3棟あり、最新機器をそろえたコンピュータールームが自慢で、視聴覚ホール、マルチパーパスルーム、図書館、武道場、弓道場、卓球場などを完備している。

また、トレーニングルームを併設した200名が宿泊できる合宿所あすなろ館」やMO記念体育館、校外施設として野球場・サッカー場を完備した「軽井沢研修センター」もある。

また、新たに人工芝のグラウンドも完成し、充実した環境ができあがった。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

夢の実現へ向け能力と適性を育てる

「志教育とは、キャリアプログラムを中心にスタディプログラム、モラルプログラムなどを体系的に組み込んだ教育システムであり、武蔵越生では生徒に主体的に5年後、10年後を見据えた進路を確立させることを目的としている。

2017年度より新コース制を導入し、さらなる飛躍を目指す。スーパー特進(S特進)・選抜Ⅰ・選抜Ⅱ・アスリート選抜の4コースで編成される新コース制である。

S特進は国公立大学、難関私立大学に現役合格するコース。英語教育に特化しICT教育・校内予備校を導入する。0限の導入による1日7時間授業を実施。主要教科は習熟度別授業を実施し、放課後や各長期休暇中に教科ごとの講座を開講。2年次より文理別の授業を展開。3年次には難関私大直前講座を行う。

選抜Ⅰは難関私立大学・中堅大学以上に確実に現役合格するコース。E・S・Cプログラムを行うなど英語教育に重きを置く。高大連携・最先端企業一日体験プログラムで専門知識を養う。放課後や各長期休暇中には教科ごとに講座を開講する。

選抜Ⅱは多種多様な入試に対応し、有名私立大学に確実に現役合格するコース。学習とクラブ活動の両立を目標とし、基礎学力を徹底的に磨く。軽井沢で行うワークキャンプでは自ら研修地を企画し学びに行く自主性を養う。

アスリート選抜は文武両道を目指し、トップアスリートを目指すコース。野球・サッカー・柔道・ソフトテニスの4部活・男子生徒のみで編成。高大連携プログラムでより高いレベルを経験し、スポーツ科学系講習を実施することでアスリートとして生きる地力をつける。

入学金や授業料が全額・一部免除される成績奨学生制度(S特進)やスポーツ、吹奏楽奨学生制度も充実。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

適切な進路指導で伸びる進学実績

年3回の進路の日(大学教授の授業説明会、相談会)を設けるなど、早い時期からの進学指導体制が整っているため、大学への進学実績も上昇中で、主な進学先は、北海道大、埼玉大、茨城大、慶應義塾大、上智大、中央大、法政大、明治大、早稲田大など。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の武蔵越生高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/2(2推薦単願)、1/22または23(推薦併願)、2/4(一般Ⅰ)、3/12(一般Ⅱ)
試験科目 国・数・英(単願は面接あり)
募集人員 S特進:60、選抜Ⅰ:120、選抜Ⅱ:160、アスリート:40
受験者数 S特進・選抜Ⅰ・選抜Ⅱ・アスリート:254/701/154
合格者数 S特進・選抜Ⅰ・選抜Ⅱ・アスリート:249/686/152
競争率 S特進・選抜Ⅰ・選抜Ⅱ・アスリート:1.0/1.0/1.0

※人数は推薦単願/併願22日/併願23日

アクセスマップ

公式サイト

武蔵越生高等学校公式サイトはこちら