大妻嵐山高等学校の学校情報

大妻伝統の女子教育 ゆとりの教育で基礎学力を充実 国公立・難関私大へのクラス設置

学校所在地
埼玉県比企郡嵐山町菅谷558
最寄り駅
東武東上線武蔵嵐山駅 徒歩13分
深谷、熊谷、北上尾、飯能、森林公園、 北本、桶川の各駅よりスクールバスあり
電話番号
0493-62-2281
生徒数
467名 女子467名
特色
-進学に有利 -併設校あり -情操教育重視 -国際人を養成
関連カテゴリ
★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「あ」行 / 女子校 / 私立 / 普通科 / 東武東上線 / 比企郡

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

四季折々の自然が感性を磨き知性を育む

埼玉県のほぼ中央部に位置し、国蝶オオムラサキの森、蝶の里公園、県立歴史資料博物館、国立女性教育会館など、歴史、文化、自然の調和のとれた教育環境にある。キャンパス内にはソメイヨシノやケヤキの大木など種々の樹木が配され、四季折々の落ち着いた雰囲気を漂わせている。

安全性を最優先にした耐震構造の校舎をはじめ、図書室と進路指導室を統合したラーニングコモンズと第1・第2理科室は数年前に改築し、充実した設備を備えている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

基本学習を重視選択制の採用

中学では確かな学力向上を図るために、中高の履修内容の重複を整理し、基礎・応用・進路への対応と発展的に学べる中高一貫教育を行う。中学での学習の取りこぼしがないよう、習熟度別クラスにおいての学習、深堀り学習を展開する。

高校では2019年度よりスーパーアドバンスコースと大妻グローバルコースに再編する。
スーパーアドバンコースはハイレベルな進学意識を育み、国公立・最難関私立大学への現役合格を目指す。

大妻グローバルコースでは、確かな学びを重視し、さらに「医療・看護系」、「国際教養系」、「生活科学系」の3類型に分け、大妻女子大学を含む難関私立大学への現役合格を目指す。また、大妻女子大学への推薦入学を確保しながら、他大学への受験に挑戦できる特別推薦制度を持つ。

また、学校6日制、独自の日課時限(週3日7限、朝読書、朝小テスト)、進学補講、学習合宿など工夫を凝らしたプログラムを展開している。このほか、国際理解教育として、海外研修、英会話教育、QQイングリッシュ、情操教育として論語の素読、礼法指導、テーブルマナーなども設けられている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

併設校へも多数進学高い現役進学率

卒業生は大妻女子大・同短期大学へ優先入学できるが、他の4年制大学進学も可能な、“後悔の無い大学選び”を基本に指導している。また、4年制大への現役進学率が90%。

他大学への主な進学先は、東北大、東京学芸大、東京外語大、埼玉大、埼玉県立大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、立教大、東京理科大など。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の大妻嵐山高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 12/1(帰国生)、1/22(第1回)、1/23(第2回)
試験科目 面接〈英語・日本語〉(帰国生)、国・数・英+面接(単願)、国・数・英(併願)
募集人員 第1回/第2回:180
受験者数 第1回/第2回:171/37
合格者数 第1回/第2回:172/35
競争率 第1回/第2回:-/1.1

※募集定員はスーパーアドバンスSSコース20名、スーパーアドバンスコース60名・大妻グローバルコース100名(内部進学者を含む)

アクセスマップ

公式サイト

大妻嵐山高等学校公式サイトはこちら