埼玉栄高等学校の学校情報

ゆとりある6年間一貫教育 進路に応じたコース制 進学もスポーツも両立できる

学校所在地
埼玉県さいたま市西区指扇3838
最寄り駅
川越線西大宮駅 徒歩3分、高崎線宮原駅 バス8分西区役所下
電話番号
048-624-6488
生徒数
2505名
特色
-併設校あり -施設が充実 -スポーツが強い -クラブが活発 -駅から近い
関連カテゴリ
★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「さ」行 / 共学 / 私立 / 普通科 / 体育科 / 川越線 / 高崎線 / さいたま市西区

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

日本最大級の包容力あふれるキャンパス

新校舎が2016年夏に完成。ロの字型の設計で明るく、緑に包まれた日本最大の規模を誇るキャンパスには、400人を収容できる大教室、5つの多目的室、3つの情報室、大学進学に特化した進学指導センター、コンビニエンスストア等、充実した施設が整っている。600席を超える食堂では、朝・昼・夜の三食を提供。総合体育館や室内温水プール等の体育施設はもちろん、研修センターや寮も完備している。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

個性を伸ばすゆとりある教育

中高一貫部では6年間を基礎力養成期、応用力確立期、総合力完成期の3つのステップに分けた教育システムにより、ゆとりある6年間一貫教育を目指しており、中3年次に高校の学習内容に入り、独自のカリキュラムを編成している。

授業は通常授業と演習授業(0・7時限)の2本立てで、進路、進度に応じた授業を展開する。主要5教科、週30時間授業の「難関大クラス」では、東大など最難関大学進学を目指す。

「進学クラス」では、英語と数学は少人数制の習熟度別授業を行い、国公立大からGMARCHまで、様々な進路に対応するためのカリキュラムを用意。

2016年4月より、グローバルな視野とコミュニケーション力を兼ね備えた医師の育成に重点を置く「医学クラス」を新設。

高校の普通科では、1年次よりα・S・特進の3コースに分かれ、効果的な指導を行う。α、Sは2年次から文系・理系の2コース、特進は文系・理系・A&A(芸術・体育系大学進学)の3コースに分かれ、進路実現に向けた充実したカリキュラムを組んでいる。

保健体育科では、スポーツに関する深い知識と高度な運動機能を養う。

自分だけの時間割を作成できる7〜10時限の放課後選択授業と、進路決定をサポートする進路指導センターで、それぞれの生徒が持つ個性や能力を磨く。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

年々伸びる進学実績

通常授業と演習授業の2本立てで進路実現をサポート。現役合格率も年々上昇中だ。

2018年の合格実績は、埼玉大、埼玉県立大、首都大学東京、山形大、宇都宮大、早稲田大、慶應義塾大、東京理科大、青山学院大、中央大、法政大、明治大、立教大など。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の埼玉栄高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(単願・併願Ⅰ)、1/23(併願Ⅱ)、1/25(併願Ⅲ)
試験科目 国・数・英+面接
募集人員 α単願・α併願:160、S単願・S併願:200、特進単願・特進併願:200、保健体育単願・保健体育併願:160
受験者数 α単願:36、α併願:204/102/63、S単願:97、S併願:274/138/45、特進単願:180、特進併願:219/102/42、保健体育単願:217、保健体育併願:18/25/12
合格者数 α単願:36、α併願:203/97/61、S単願:97、S併願:271/126/39、特進単願:172、特進併願:211/75/32、保健体育単願:214、保健体育併願:10/7/8
競争率 α単願:1.0、α併願:1.0/1.1/1.0、S単願:1.0、S併願:1.0/1.1/1.0、特進単願:1.0、特進併願:1.0/1.4/1.3、保健体育単願:1.0、保健体育併願:1.8/3.6/1.5

※保健体育科は実技あり ※普通科は、上位コースからのスライド合格者を含む

アクセスマップ

公式サイト

埼玉栄高等学校公式サイトはこちら