さいたま市立浦和南高等学校の学校情報

3つの感動体験。「社会探検工房」「海の生物学」「海外研修旅行(修学旅行)」が柱

学校所在地
埼玉県さいたま市南区辻6-5-31
最寄り駅
JR埼京線北戸田駅 徒歩10分、JR埼京線・武蔵野線武蔵浦和駅 徒歩20分
電話番号
048-862-2568
関連カテゴリ
★★★★(偏差値60から70程度まで) / 高校名「あ」行 / 共学 / 普通科 / 埼京線 / 武蔵野線 / さいたま市南区 / 市立

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

進学重視型単位制。授業は55分で実施。

1年次は芸術を除いて全員が共通の科目を学習する。「コミュニケーション英語Ⅰ」「数学Ⅰ」「数学A」の授業は少人数編制で実施される。

3年次以降はⅠ類(文系)とⅡ類(理系)に分かれて学習する。国公立大受験に対応した、多数の選択科目群が用意される。また、選択科目は少人数編制で授業が行われる。

土曜授業を年8回実施。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

大学受験対策として「スタディサプリ」を実施。インターネットを通じて2000以上の講座が受講可能。

長期休業中や課業日および土日に進学補習を行っている。

1年次に大学教授による模擬講義が行われる(全員参加)。3年次には各大学の入試担当者による大学説明会が実施される。

平成30年度より、1年次にclassiを導入。

卒業生の主な合格実績(平成30年3月)
宇都宮大、埼玉大、電気通信大、福島大、会津大、埼玉県立大、首都大学東京、水産大学校、青山学院大、学習院大、國學院大、駒澤大、埼玉医科大、上智大、成蹊大、成城大、専修大、中央大、東京理科大、東洋大、獨協大、日本大、法政大、武蔵大、明治大、明治学院大、立教大

指定校推薦枠のある大学・短大など
青山学院大、学習院大、國學院大、駒澤大、芝浦工業大、成蹊大、成城大、専修大、玉川大、東京理科大、東洋大、獨協大、日本大、法政大、武蔵大、明治学院大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約9割が加入。サッカー部は全国制覇6度の実績を誇る古豪。

平成30年度は、サッカー部がインターハイ出場、陸上競技部が関東選抜新人大会(女子走幅跳三段跳)出場、男子卓球部が関東大会に出場、書道部が全国高校生大作書道展大作優秀賞、演劇部が高校演劇中央発表会に選出された。

平成29年度は、書道部が全国高校生大作書道展大作優秀賞、合唱部が県合唱コンクール銅賞、バトン部がUSA Competition 2017ベストインプレッション賞、陸上競技部が関東大会(男子110mH)出場・関東選抜新人大会(女子走幅跳)出場などの成績を収めた。

設置部
サッカー、ソフトボール、バスケットボール、バドミントン、ワンダーフォーゲル、陸上競技、軟式野球、バレーボール、ハンドボール、柔道、剣道、卓球、ソフトテニス、弓道、陶芸、写真、調理、音楽、地学、生物、茶道、演劇、吹奏楽、バトン、放送、漫画研究、書道、美術、文芸、華道、情報処理、英語

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 校外ホームルーム(1年)
5月 体育祭
7月 海外交流派遣事業、球技大会、社会探検工房
8月 海の生物学
9月 文化祭
10月 海外研修旅行(修学旅行)
11月 マラソン大会
3月 球技大会、予餞会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 8・10・11・12月各1回
★南高祭 9月 見学可

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

平成29年3月、県内公立高校初となる人工芝グラウンドを設置

学校PRのキャッチフレーズは「3つの感動体験」。「社会探検工房」「海の生物学」に加え、「海外研修旅行(修学旅行)」を含めた3つが柱である。

進路の探究とコミュニケーション能力の育成を目指した「社会探検工房」を実施。第一線の研究機関や企業への訪問などを行う。

「海の生物学」は東海大学海洋学部との連携授業などを行う。

ニュージーランドのエレスメアカレッジと姉妹校締結。交換留学制度がある。

科学未来探検隊を実施。科学未来館で南高生が解説役となって小学生と交流する。

平成29年度には、辻小虹色チャレンジスクールとして、小学生を対象に本校生徒による学習ボランティアや生物部による動物ふれあい体験、書道部による書道教室などを行った。

「埼玉県公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他のさいたま市立浦和南高等学校情報